交通事故治療とは

一般的に交通事故が原因の痛み(むち打ち・腰痛・手足のしびれ・痛み・だるさ・不快感)の治療のことを指し、主に自賠責保険による治療のことをいいます。当院では、交通事故・自動車事故が原因の様々な症状でお悩みの方、また、治療を受けているが思ったように治らなくて困っている方などのご相談に応じております。

交通事故では、日常のケガでは傷めないような部分もダメージを受けることが多く、放置すると痛みや機能障害、二次的障害(肩こりや腰痛)へと発展することもあります。そうならないためにも、早期にきちんとした治療を受け、症状が完治するまでしっかりと治療されることをオススメします。

新開地接骨院の強み

point
1

弁護士・保険アドバイザーと提携しているので、
面倒な手続きも楽々!

当院は交通事故治療に対応した接骨院です。

弁護士や保険アドバイザーと提携することで、よりスムーズに交通事故の治療を始められるよう環境を整えています。

point
2

むち打ち治療に
確かな技術と信頼の実績!

むち打ちは診てもらう先生の腕によっては全く改善されなかったり、後遺症が思った以上に長引くケースもあります。新開地接骨院では、ここを選んでよかったと思っていただけるよう、質の高い治療をご提供し、多くの方々にご利用頂いています。

このようなことでお困りの方は、
当院までお越しください!

  • むちうち
  • 痛み
  • 手足のしびれ
  • めまい
  • 腰痛
  • 不快感

交通事故の痛みによって損傷した患部はもちろん、事故が引き起こした身体のあらゆる部分の痛みや不調もお気軽にご相談下さい。

交通事故が起こってからの流れ

119で救急車を手配

負傷者がいないかを確認。いる場合は応急処置をして救急車の手配をします。

事故の続発を防ぐため、車は安全な場所へ移動し、エンジンを切りましょう。

加害者の運転免許証を見せてもらい、住所・氏名・車のナンバーを控えましょう。

110で警察へ連絡

警察へ連絡し、事故の発生場所・負傷者数・負傷の程度・物の損壊の程度を伝えます。事故の記憶が薄れることもあるので、写真を撮っておくことが大切です。

保険の手続きには、「交通事故証明」が必要です。どんなに些細な事故でもその場で必ず警察へ連絡し、指示を受けましょう。

保険会社へ連絡

その場で相手との約束や示談はせず、保険会社の事故受付係に連絡して下さい。「○○保険会社に入っているので、そちらから連絡がいきます」と伝えておきましょう。

保険会社から連絡が来たら、医療機関を受診することを伝えましょう。通院する医療機関は患者様で決められます。

医療機関を受診

交通事故では症状の発症が遅れる場合がよくあります。自覚症状がなくてもまずは医療機関での診療を受け、診断書を発行してもらいましょう。

診断書がないと人身事故の扱いにならず、自賠責保険への請求ができません。

当院でも治療はもちろん、ご相談から承ります。お気軽にご来院下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ

インターネットでのご予約・お問い合わせ

診療時間: 午前9:00~12:30、午後15:00~19:30、夜間(当日19:30までに要予約)20:00~22:00
※夜間でも保険診療です。
休診日: 木曜・土曜の午後・夜間 日曜・祝日